プロフィール

korekoremu

Author:korekoremu
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

03 | 2008/04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
日常生活の凹凸を話そう!!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
これからの日本
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

リッチ・クライアント開発言語「Curl」の提供元として知られる米国Curlは来週、企業向けRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)ランタイム・ソフト「Nitro」のベータ版を公開する。他のRIAプラットフォームと同様、NitroもRIAのオフライン動作モードを備えている。

 Nitroは、サーバ・サイドと連携する一般的なRIAの実行に加えて、デスクトップ環境だけでRIAを動かすオフライン・モードにも対応したランタイム環境。こうしたオフラインRIAに必要な性能とグラフィックス技術、そしてサンドボックスに代表されるセキュリティ機能を提供する。

 もっとも、こうしたオフライン機能はRIAプラットフォームにとって今や必須のものとなりつつある。リッチなユーザー・インタフェースをサポートし、すばやくロードできるという特徴を備えたRIAをデスクトップ上で利用する動きが広がるにつれて、オフラインRIAをサポートするランタイムが登場してきた。実際、「AIR」(Adobe Systems)や「Google Gears」、「Prism」(Mozilla)といったRIAプラットフォームは、例外なくオフライン・モードを備えている。

 では、NitroとAIRの違いはどこにあるのか。Curlの幹部によると、コンシューマー向けRIAに適しているAIRとは異なり、Nitroは企業向けのRIAに照準を合わせているという。大きなサイズのデータ・セットを扱えたり、認証を受けていないRIAを企業ネットワークから締め出したりする機能を備えているからだ。

 また、強力なセキュリティもNitroの特徴だと、Curlのディベロッパー・リレーションズ担当バイスプレジデント、リチャード・モンソンヘーフェル(Richard Monson-Haefel)氏は強調する。「Nitroは強力なセキュリティ・モデルをサポートしている。Nitroはサンドボックスのみで稼働し、ローカル・ストレージへのアクセスも制限される」(Monson-Haefel氏)

 さらにNitroでは、Curl言語で記述されたネーティブ・アプリケーションが動作する。この言語は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で10年前に誕生したリッチ・クライアント専用のプログラミング言語だ。ネーティブなCurlアプリケーションの場合、「AIRよりもパフォーマンスが高い」(Monson-Haefel氏)というメリットが得られるという。

さすがアドビさんは 職場環境も違うし 爽やかな会社ですな
これはなかなか 大変なことなんだよね
素晴らしいね☆
スポンサーサイト
【2008/04/16 10:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。